こんにちは。
今秋オープン予定「かんたん年賀状印刷rakpo」という年賀状印刷サービスを運営しているビットブレーンのディレクターの山田です。


今日は前回の続きで【丑(ウシ)】についてご紹介します
cow

牛は大昔から、人間の営みに欠かすことのできない役割を果たしてきました。食用だけではなく、農耕の重要な役畜にもなりました。
中国の殷の時代には、牛の肩甲骨に生じるひび割れで占いもしていました。このように人間にとって重要な家畜であったことから、牛は生贄(いけにえ)に供されることもしばしばでした。
こんなところから牛が選ばれたとしても不思議ではありませんね。また、紐(ひも)という字のつくりに、この丑の字が見えます。「結ぶ」「つかむ」などの意味を込めたとも考えられています。


どんどん紹介して参りますので、ちょっとした豆知識程度にお読み頂ければ幸いです。宜しくお願いします!


それでは、今日はこのへんで失礼しますm(_ _)m